遅い!壊れる!気持ちいい!ホンダビートの素晴らしい世界!(4)三代目黄ビート(その②)

新年あけましておめでとうございます。今年は暖かい気温もあって、例年になく年明け感が無いお正月だったです。ビートのブログも昨年内には完結させる予定が、ずるずると…今年は計画的に更新していきたいです。

で、昨年の続きの現行の三代目黄ビートのモディファイを紹介します

ホイール/タイヤ交換

三代目は純正のスチールホイールがついてました。最近は純正で乗っている方も多く、いいかなとも思いましたが、やはりアルミはつけたいと思ってました。初代、二台目とビート専用サイズのエンケイ・コンペティションSを履いていたので、今回も装着したかったのですが、さすがに新品では売ってません。またビートは前が13インチ、後ろが14インチの為、入手しにくく、年代も古いため某オクでもなかなか状態の良いものはなかなか出品されません。てことで、新品ホイールを探したのですが、最近の軽自動車も14インチ以上が主流で、タイヤサイズの変更(いわゆるインチアップ)なしでは、なかなかサイズとデザインが合いません。ネットで探し回った結果、RAYS A LAPがビートサイズを準備している事が判明。色がマットブロンズしか選べないことを除けば、デザインも気に入り、鋳造1ピースの割には軽量で、国内生産の割にお値段もリーズナブルで、迷わず決定。タイヤはBSのエコピアで純正同サイズ。気になっていた色も黄色に割とマッチして気に入ってます。

DSCN3130_015

ホイールの汚れもあまり目立たないので、いい色だなあと今は思ってます。13インチサイズは、ほぼビートのフロント用のディメンジョンですが、6Jサイズの為純正サイズを入れるとタイヤサイドが張ります。見事にツライチになりますが、フロントは、ちょっとだけはみ出ます。車検の際はご注意を。

足回りのリフレッシュ(サスペンション交換)

サスもノーマルだったのですが、サスが底突きした際に”ガシャン”と音が聞こえるぐらい、ショックがひどく、バンプラバーが劣化していると想定。まずはサスペンションをメンテすることに。

①まだ7万キロなので、純正サスを部品発注で交換し取り換え

②ついてるサスをリビルド(オーバーホールしてバンプラバー他内部部品を交換)

③社外品に交換

①はまだ部品が出そうでしたが、それなりの価格になりそうなので、③と比較してから。②は純正がオーバーホール不可の構造で、サスオイル交換も穴を開けて行うらしく、価格は安かったものの耐久性が心配なので却下。③はローダウンもできますが、入手できるかが問題。第一候補のビート20周年記念のモデューロ製は在庫なし。二台目の時と同じタナベ+KYB NewSRのセットは入手可能でしたが、変えたい気持ちもまり、無限のサスが在庫ありと確認できたので、無限で交換することにしました。ネットで購入し、DIYで取り付け。構造がシンプルで部品も軽いので、一人でサス交換できちゃうのは、軽自動車の良いところです。純正マイナス2cmの微妙なローダウンは良いのですが、発売当時から無限サスはストロークが少なく、固いと評判でしたが、評判通り固め。走ってると少しマシになってくるので、冷間時の動きが固いんでしょうね。ただ、突き上げ時の”ガシャン”は音が小さくなったものの、まだしている状態。

足回りのリフレッシュ(ブッシュ交換)

サスをDIYで交換した際に、ブッシュ類も目視確認し、そんなに劣化した感じはなかったので後回しにしたのですが、足回りの異音は何とかしたかったので、ブッシュ類一式を交換することに。HONDAからパーツもまだ供給されてるのを確認し、購入した中古車店で純正パーツ発注(フロント/リアの一式で3万弱ぐらいだっと思う…)。マルチリンクやダブルウィッシュボーン形式のサスだとブッシュの数も多く大変ですが、ビートはシンプルなので、経験値を上げるのと工賃節約のために、DIYで交換することに。ブッシュはゴムの塊でアームや車体へ圧入されてるので、古いブッシュの抜き取りや、再圧入には、プレスやプーラーといった工具が必要になります。ビートは殆どがはめ込みや差し込みですが、圧入部が数か所あり、先人たちのHPを参考に格安プーラーと自作SSTでなんとか脱着し、二日ぐらいかけて全交換しました。圧入はコツもあり苦労したので、腕に自信がない方は、ディーラーに任せた方がいいです。交換後は突き上げ時の異音も無くなり、何故かハンドルも軽くなりました。サスペンション交換よりも、はるかに違いが分かるので、ブッシュ交換はコスパ的にも本当におススメです。やっぱり、ゴムや樹脂部分は、走行距離よりも経年劣化が進むことがよくわかりました。アライメント調整はサス・ブッシュ交換後に行ってないので、調整しないと。今のところおかしな挙動とか、タイヤの片減りとかは無いので大丈夫だとは思いますが。

DSCN3129

ああ今回も終わらなかった…次回に続く

 

遅い!壊れる!気持ちいい!ホンダビートの素晴らしい世界!(4)三代目黄ビート(その②)」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 遅い!壊れる!気持ちいい!ホンダビートの素晴らしい世界!(4)三代目黄ビート(その③) | Plums(プラムス)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です