ご紹介

bell the cat

イソップ寓話の「ネズミの相談」ご存知ですよね。一匹のネズミが、天敵の猫から身を守るために、猫の首に鈴をつけようと提案しますが、命が惜しくて誰も実行しない。あの話です。 鈴をつければ猫から逃げられるのに、実行するネズミがいないため、いつまでたっても猫の被害は収まりません。商売や仕事でのITの活用も、どうしたらいいかわからなくて、せっかくのアイデアも塩漬け、現状維持になってたりしてませんか?また、せっかくつけた鈴が鳴らなかったり、その鈴に多大なコストが掛かっていたり、ITにはよくあることですね。 「猫の首に鈴をつける」日本では「できもしないことを言うな」という意味で使うことが多いですが、英語のbell the catという慣用句は「他人が嫌がる中で進んで難局に当たる」という意味です。 私もbell the catの思いで、静岡の皆様のお役に立ちたいと考えています。


ITコーディネータ

ITコーディネータは経済産業省推進資格です。真に経営に役立つIT利活用に向け、経営者の立場に立った助言・支援を行い、IT経営を実現する人材です。 「ITを使ってもっと商売を大きくしたい。」「新しいビジネスを始めたい」「ITを使ってきたが、もっと効果のある使い方があるのではないか」という思いに対して、経営の視点からIT活用を支援する専門家です。


プロフィール

梅島 慶太

1968年生 静岡県沼津市出身 静岡市在住

ITコーディネータ 認定番号9007472015C 趣味:日本酒(ビールもワインもハイボールも好き)    自動車(くるまマイスター 2級・3級)    猫(自宅に、福助♂ 勘太♂ あずき♀の三匹)