遅い!壊れる!気持ちいい!ホンダビートの素晴らしい世界!(3)-②S660が出たのに、あえてビートを購入する方への続き

さて、前回の続きです。

④幌と雨漏り リアスクリーンはビニールの為、経年劣化や洗車キズで曇って見えなくなります。リアだけ交換できますが、純正以外のガラススクリーンに交換してあるタマも多いです。が、雨漏りについては、程度はともあれ、もれなくついてきます。幌の骨組み、窓ゴムのへたりやキズ、サイドウィンドウの建付け等々で漏れるので、幌を新品にしても雨漏りは直りません。幌に破れやほつれがある場合は、直した方が良いですが、雨漏りはまず幌骨組みとサイドウィンドウの立てつけを、ビートに慣れている業者に調整してもらった方が確実です。幌回りは素人が手を出すとほぼ失敗しますので、プロにお任せしましょう。雨漏りは当然、錆の発生原因になるので、屋根付き駐車場がベスト。屋外保管の場合は、カバー等をかけておいた方がいいでしょう。

⑤内装、装備 内装と装備は劣化が進んでいるものが殆どです。ドアライニングの色あせ、シートの破れ/ほつれ/クッション抜け(運転席ドア側の出っ張り部分は破れ箇所の定番)純正ステレオの故障、エアコンノブの破損、エアコン吹き出し口の爪破損による落下、エアコンからの異臭、メータ照明切れ、オドメータボタンのひっかかり、パワーウィンドウスイッチの劣化等々どこかは壊れてる、これから壊れると覚悟しておいた方がいいです。修理方法等は他のHPに任せますが、そもそもコンフォートなクルマではないので、あきらめるというのが、お金もかからない良い修理方法です。私のビートでも、内装の樹脂部品(内張りピンとかネジ座受とか)はペキペキ折れ、ボロボロ崩れ落ちているので、ドアノブとかの機能部品で割れたらどうしようかと思ってます。ステレオは専用品でないと入らないので、修理かリビルド品の交換になります。標準のステレオを搭載する方法はいろいろありますが、私の場合は次回のブログで。

⑥足回り 走り重視でショック等を社外品に交換してあるタマも多いと思いますが、なるべく純正ショックのままのやつを選んだ方が良いです。サスストロークが少ない車なので、足を固めた場合フルバンプ時のボディへのダメージが純正よりも多く蓄積されていると思われます。走行距離に関わらず、サスペンションのブッシュとバンプラバーの交換予算は見ておいた方が良いです。私のビートも、購入時65000Kmでしたが、ゴムブッシュ関係は劣化で全滅。購入時は「台車の乗り心地」でした。昨年時点で、すべての純正ブッシュが入手可能でしたので、未交換であれば、早めに交換しておいた方が良いです。タイヤはフロントが13インチなので、アルミホイールも含めて選択肢は限られつつあります。最近はエコタイヤが殆どですが、当時の純正タイヤ(POTENZA)と同じぐらいグリップはあるので、あまり気にしなくてもよいです。

⑦その他 リアウィング、リアキャリアは純正オプションの中でも人気でした。リアキャリアはトランクリッドに穴を開けてのボルト留めなので、気に入らないからと、キャリアを外すとボルトが残ります。1台目、2台目にはついてましたが、リアキャリアに荷物積むと、雨が降れば濡れるし、後方視界はなくなるし、何より今思えば貧乏くさいです。エアロ関係も、まだパーツ販売があるので、無限エアロ付きとかもプレミアにはならないかと(ハードトップは別ですが)。ビート20周年の時に、ホンダアクセスからスポーツサスペンション、スカイサウンドコンポ等が限定販売されました(現在は完売)。ステレオは大抵壊れてますし、直してもカセットテープなので、USBオーディオが使えるスカイサウンドが装着されていればラッキーです。

そこそこのビートを買うためのまとめ ・まずはボディ状態。走行系はまだ修理で何とかなるので、年式や走行距離にこだわらず、錆や事故修復歴等のボディ状態が良いものを選ぶ。ボディ状態がいいものは保管状態も良いはず。 ・低走行距離車やデットストックのプレミアムは期待しない。走行距離に関わらず、樹脂やゴムの経年劣化は進む。むしろ不動状態が長い車は別のトラブルの原因になる。実用性がほとんどなくセカンドカーの可能性が高く、過走行のタマでも長期間不動だったケースもあるので、直前の履歴が分かるタマがよい ・雨漏り、内装の劣化、走行に関係しない装備のトラブルはあきらめが肝心 もう数年もすれば、ネオヒストリックカーの部類に入ってくるので、これから購入するなら、チューニング方向よりも、維持/メンテナンスをしながら乗り続ける工夫に重点を置くことになります。それでも、30万ぐらいのタマを買って、20万ぐらい気になるところに手を入れれば、まだ元気だったころのホンダスポーツ(の感じ)を味わえますし、200ウン十万払ってS660を買うより2倍くらいは楽しめるはずです(たぶん) DSCN3099_009

ご参考までに、S2000とビートを所有した私がとっても同感した記事を紹介しておきます

S2000オーナーのビート試乗記。震えるぞハート、燃え尽きるほどビート!

激しく同意。次回はMyビート紹介なるか!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です