遅い!壊れる!気持ちいい!ホンダビートの素晴らしい世界!(15)久しぶりのオイル交換

やろう、やろう、いつかやろうと思って、1年近くオイル交換してませんでした。

こんなことなら、ディーラーやショップでマメにやった方がいいのですが、久々に時間ができたので、下回りの点検も兼ねてオイル交換です。

下抜きで交換しますが、ローダウンとビール腹のせいで、ジャッキアップは必須です。


安全のために、ウマは必ずかけましょう!

青色のナットがエンジンオイルのドレンプラグ。マグネット内蔵で鉄粉取ってくれます。暖気後、ドレンプラグを外してオイルを抜き取ります。

駐車場が前下がりな上リアをジャッキアップしてるので、後ろ向きについているドレン穴から完全に抜くために、フロントもジャッキアップて後ろ下がりにします。抜けきったら、ドレンをいったん閉めてフロントを下ろします。
ちなみに、ジャッキはマサダの油圧パンタジャッキ。コンパクトに収納できてサクサク上がるのでお気に入りです。

今回はオイルフィルターも交換します。

HONDAの刻印と冷却フィンがついたオイルパンはビートのこだわりが分かるお気に入り。

その奥にエレメントがあります。車体とエンジンの奥まった場所にあるので、ジャッキアップ無しでは取れません。オイルフィルターレンチで外します。(お約束通り、この時点で手はオイルまみれです(笑))

左側の黄緑色の新しいオイルフィルターはHAMP品。隣が付いてたやつは流用できるフィット用です(たぶん)。

オイルフィルターのパッキンにオイルを塗って、規定値で締めます。ついでに下回りのチェック。エンジンマウントは交換してません。最近はフロントへの冷却水やエアコンのパイプの腐食が多いようですが、今のところ大丈夫そうです。写真撮り忘れましたが、サイドシルの水抜き穴の状態や、サビなんかもチェックします。

最後にオイルを規定量入れます。

・エンジンオイル交換のみは2.5L

・オイルフィルター交換時は2.7L

オイル口はトランクを開けたリアのバルクヘッド中央にあります。入れにくいので、オイルジョッキは必須です。オイル口の先が細いので、勢いよく入れて溢れさせるのは「ビートあるある」でしょうか(笑)こぼしても大丈夫なように、ウェスでガードしておきます。オイルは部分合成油でカストロールのXF-08 5W-40のお安いホームセンター仕様です(笑)。
昔はいろいろ試しましたが、いまはなるべくメーカー純正または、指定オイルに近いものを入れてます。

真っ黒のオイルを見て、次回はもう少し早めに交換しようと心に誓うのでした。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です