シビックタイプRユーロからホンダN-ONEに買い替えた(その②)

前回の続きです。嫁の美的感覚では、箱過ぎるバモスがお眼鏡にかなわなかった。しかし、今の軽自動車に箱以外の選択肢はあるのか?と思いつつ、中古車売り場を夫婦であてどなく、うろうろするのでした。

謎の伏兵登場(といっても、車名はタイトルに書いてありますが)

新車の展示場ではおいていない車が置いてあるのが中古車売り場のいいところ。N-BOX、N-WGN等ホンダのNシリーズや、ちょっと前のLIFEやThat’sなんかも並んでおりました。私はそもそもの予定が狂い始めてきてるので、”まあ見るだけ見て、また考えよう。最悪ホンダでなくても良いし”と、アクティの軽トラなんかを見てました。で、突如嫁が”これがいい”と言い出したのが、N-ONE。色は黒です。

Honda_N_Concept_4

TMSでのN-CONCEPT4。ほとんどN-ONEと変わらない(写真はWikipediaより)

東京モーターショー(TMS)でそういえば見てた

N-ONE。2011年のTMSでEV-STAR(S660のコンセプト)の横にN-CONCEPT4で出てたやつの市販版です。(ちなみに、N-CONCEPT1はN-BOX、N-CONCEPT2はN-BOXカスタム、N-CONCEPT3はN-BOX+)2011年のTMSでは、予約金を入れたまま、日本導入が延期されたシビックタイプRユーロの市販が展示されていて、そっちに夢中だったのと、EV-STARが本当に出るのかが気になってたので、軽の背高セダンタイプのコンセプトなんざ、全然ノーマークでした。N-ONEが発売された頃は、N360のヘリテージの割には、半端に車高が高いし、N-BOXよりは機能的ではないし燃費もそこそこと、そのコンセプトにブレがあるのでは?町でたまに見かけるけど、N-BOXのあまりの台数に隠れ、N-ONEてそんなに売れてないんじゃないか?と思ってました。まあ、その頃は自分で軽自動車を買うとは夢にも思ってみませんでしたが。

Nシリーズ

Nシリーズ。競争が激しい軽自動車市場なので、MCで結構大幅に変更がある(写真はホンダHPより

N-ONEの新車を見てみる

嫁のお眼鏡にかなったN-ONEは、N360をモチーフにしたという丸目で箱一辺倒ではない、遊び心あるデザイン、(軽にしては)高質な内装、Nシリーズの中ではスポーティなイメージの車という位置づけ。確かに、よく見れば、可愛いだけでなく男性でも乗れそうなレトロ感がちょっといい感じではある。MINIに似てるけどラパンよりはマシ(笑)N-ONEがちょうどマイナーチェンジした頃で、新車も展示されていたので、中古車売り場から移動して見に行くことにした。展示車は追加されたLowDown、色は新色で追加されたブリリアントスポーティブルーでルーフがブラックのツートンカラー。これに嫁がハマりました。ドアを開けて乗ってみると、内装やシートは軽とは思えない質感。シビックより良いんじゃねーかと思いつつ、横を見ると助手席は近く、やはり軽の狭い車幅を感じます。ドアの開閉音も軽自動車とは思えないがっしり感。なかなか最近の軽はやりよるわ。

type_moduloX_img_02

モデューロX。若干心が揺らいだが、色が選べなかった…(写真はホンダHPより)

N-ONEをその日に買う

兄姉のおさがりだったり、試乗車が無い車を愛車にしてきたからかもしれませんが、試乗して買う習慣が無く、当日見積して、その場で発注しちゃいました(笑)。開店セールでかなりお買い得でした。仕事で物を載せる機会もあるので、LowDownではなく、ターボのプレミアムツアラーの展示車とと同じツートンカラーに決定。嫁は久しぶりの運転という事で、あんしんパッケージ(ぶつからないやつ)が欲しいというので装着。しかし、N-ONEはそこそこ高い。まあ、軽自動車になって部品は小さくなっても、普通車と部品点数は変わらないので、原価的にはあまり変わらないんですけどね。装備も普通乗用車以上にてんこ盛りですし。で納車を待つことになったわけです。

納車までいろいろあった

買うまでは、さっさと済ませたのですが、直前になって致命的なミスが発覚!詳細は書きませんが、いろいろありました。ディーラーの責任とも、私のミスとも言えないような微妙な行き違いでしたが、ディーラーの担当営業さんの対応も誠実で、無事注文通りのN-ONEが届きました。たぶん、お祭り騒ぎの開店セールの喧騒の中で、当日発注したのでお互いが気づかないまま契約に至ったのが原因かと。ホンダのディーラーは、いろいろとハズレ店が多いですが、ホンダカーズ静岡の東静岡店は最高です。ということで、我が家の愛車はカタログに無いワンオフになりました。わかる方はわかると思いますが、秘密です。

ここまでが去年の11月までの話。次回からは約半年乗ってからのN-ONEのレビューを書きましょう。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です